安全・安心への取り組み

JA高崎ハム株式会社経営理念にある、「お客様、お取引先の皆様に安全・安心で高品質な商品とサービスを提供する」を実現するために、以下の品質保証方針を定め活動します。

品質保証方針

  1. お客様の声に耳を傾け、満足いただける商品を提供いたします。
  2. HACCPの基準を遵守し品質保証に取り組みます。
  3. 品質に関する法律及び業界自主基準を遵守いたします。
  4. 社員一人一人が安全で安心な商品提供に最善を尽くします。

品質保証の取組み

  1. お客様相談情報の有効利用
    お客様から頂いた、商品品質に関するご指摘等を共有し、満足いただける商品の製造に向けて、商品・施設等の改良を実施しています。
  2. 自社工場に対する内部監査の実施
    HACCP管理の実施状況を、現場確認・書類確認を行い、内部監査を実施しています。
  3. 規格書・表示に関する書類の確認検証の実施
    自社で使用する原材料や添加物の規格書や表示。また出来上がった商品の内容(仕様)や表示、販促物の確認検証を実施しています。
  4. 社員教育の実施
    通信教育、eラーニング、外部研修会、また社員が講師となる内部研修会を通して、社員のレベルアップを図っています。
  5. 営業所点検の実施
    拠点の商品管理状況を独自のチェックシートを用いた確認検証を実施しています。
  6. 協力工場点検の実施
    弊社販売商品を自社工場以外で製造していただいている協力工場に対して、独自のチェックシートを用いた確認検証を実施しています。
  7. 協力工場商品の表示に関する書類の確認検証の実施
    製造していただいた商品の表示検証を、原料規格書等を基に実施しています。

自社工場での取り組み

  1. 総合衛生管理製造過程承認の取得
    「加熱後包装食肉製品」「包装後加熱食肉製品」の承認施設として、加熱殺菌・硬質異物の機械検品の2工程をCCP(重要管理点)と定め、高度な衛生管理の実践に取り組んでいます。
  2. 原料管理
    使用する原材料・添加物は、規格書等の書類を確認し、安全性が確認された物を受入れしています。また使用時にも鮮度等の品質確認を実施しています。
  3. 入場管理
    統一された作業服(ネット・帽子・上着・ズボン)を着用後、マスクをし、粘着ローラー掛け、手洗い、殺菌後、エアシャワーを通って作業場に入ります。また、体調確認も実施しています。
  4. 工程での管理
    温度管理や目視・触手による原材料管理、作業順やライン洗浄によるアレルギー管理等、日々管理しています。
  5. 加熱殺菌
    食肉製品の管理基準である、63℃で30分以上の殺菌を実施し、また速やかな冷却を行っています。
  6. クリーンルームでの包装
    冷却された製品は、高性能なフィルターを通しクリーンになった空気で陽圧管理されたクリーンルームで包装されます。
  7. カメラでの日付確認
    包装後のラインには、文字検査装置(カメラで日付確認するもの)を設置し、賞味期限確認などを実施しています。
  8. 検出器による異物確認
    異物検査のための金属検出器、X線検査装置を設置し硬質異物の最終確認を実施しています。
  9. 表示の複数確認
    商品に正しく表示が貼付されているか、表示見本を配したチェックシートを使用し、複数名で確認しています。

検査での取り組み

  1. ライン検査
    落下菌検査や拭取り検査を通じて、製造ラインの清掃度の確認を実施しています。また、清掃担当者自身での清掃度確認として、ATPふき取り検査も実施しています。
  2. 商品検査
    品質の良い商品を製造するため、成分検査、微生物検査、保存検査、官能検査を組み合わせて実施し、品質確認しています。
このページの先頭へ